製品情報 | 機能 | 仕様 | 対応CPU/ROM | VerUP | FAQ | 解説テキスト | 接続図



■バージョンアップサービス(有償)
 ☆御購入してから保障期間の1年を経過した後もサポート等のサービスを受けることが出来るようにする商品です。
 ☆御購入済みユーザでサービス期間が不明な方は、エーワン迄に本体シリアル番号を明記の上メールして下さい。お伝えします。
 ☆未契約のユーザはダウンロードは出来ますが、サポート等のサービスを受けることは出来ません。

 ☆学校法人等のアカデミックユーザーは、永年サポートサービスを受けることが出来ます。2008.03.27
   ただし、保障期間切れ後の修理に関する費用は例外とさせてもらいます。


  サービスの詳細説明書Debugger_VerUp.pdf(73Kb)

■パスワード保護タイプのバージョンをダウンロードした場合
パスワード保護バージョンをダウンロードした場合、下記条件のお客様にパスワードをお知らせします。
 @御購入後1年以内のお客様。
 Aバージョンアップサービス(有償)に御契約されたお客様。
 Bその他、パスワード取得依頼されたお客様。(御購入後1年以上経過し、バージョンアップサービス未契約の場合)

【注意事項】
パスワード保護バージョンをダウンロードした後、解凍するのに【パスワード】が必要です。(+Lhaca Ver1.20デラックス版を使用しました。)
パスワード取得希望及び申請希望のユーザーは、エーワン迄に本体シリアル番号を明記の上メールして下さい。
折り返しお伝えします。(3営業日以内)

件名: ABCwin解凍パスワード取得依頼 
製造番号:
希望バージョン:
法人名:
部署名:
氏名:
ふりがな:
TEL:
この件名で送ってください。
BF3000の製造番号を必ず記入してください。(ABxxxx)

法人登録の方は法人名・部署名をお書きください。

※このサービスは、ユーザー登録済みのお客様のみ利用できます。
※未登録の方は先にユーザー登録をお願いします。

■バージョンアップ履歴
リソース不足の場合には、Windows2000/xpの使用をお勧めします。
ABCWin
(パッケージ)
バージョン
コントローラ本体
(BF3000)
更新日 変更内容 ファイル
パソコン側ソフト
(ABCwin)
Ver3.60A Ver2.50 2012.09.05 −−−[Aの変更内容] −−−
<変更項目>
・Windows7対応を条件付で公開する。
 詳細は「解説テキスト」を御覧下さい。
・Windows7対応の為、全フォームを調整する。
・メモリ検索機能を追加する。

Windows2000/Xpを推奨します。
VISTA/7は条件付きで対応します。
ABCW360A.ZIP
(5.8MB)

パスワード保護
Ver3.60A
Ver3.50B
Ver3.50A
Ver2.50 2009.03.02
2007.10.18
−−−[Bの変更内容]−−−
<不具合修正>
・ABCwinの左下「Start」をクリックせず、<オプション>-<フラッシュROMライタ>を起動した場合のエラー判定を修正する。
上記の場合でも使用できるように修正する。
(Ver3.30Aより発生)
−−−[Aの変更内容] −−−
<変更項目>
・WindowsVISTAへの対応を条件付で公開する。
 詳細は「解説テキスト」を御覧下さい。
・先のVISTA対応の為、全フォームを変更する。
・先のVISTA対応の為、InstallShield(Express)に変更する。

Windows2000/Xpを推奨します。
VISTAは条件付きで対応します。
ABCW350B.ZIP
(5.8MB)

パスワード保護
Ver3.50B
Ver3.50A
Ver3.40A Ver2.50 2007.09.05 <機能追加>
・ダンプエディタ機能を追加する。
・評価・変更窓に「戻る」を追加する。
このバージョンより、Windows2000/Xpを推奨します。
ABCW340A.ZIP
(3.6MB)
リンク解除
Ver3.40A
Ver3.30A Ver2.50 2007.07.11 BF3000のコントロールソフト(ABCwin)を機能アップしました。
<機能追加>
プログラムコード分析用メモリ先をPC機/ターゲット側の
 選択ができるようにする。

・View画面の文字サイズを指定できるようにする。
・ターゲット側のRAMを使用しないモードを追加する
・ステップ実行のタイムアップ無制限モードを追加する。
・ダウンロードファイル更新の自動更新機能を追加する。
・CView検索(Grep)を追加する。
・ブレーク履歴機能(4Kステップ)を追加する。
・シンボル表示にカテゴリ別とソート機能を追加する。
・Watch窓で直接に数値変更できるようにする。
・C+ASMのMIX表示を追加する。
・KC80(MMU対応)のシミュレーション機能を追加する。
・対応FROM1品種追加しました。「SST39SF040」

・1モジュール100000行未満までの対応に仕様追加する。
このバージョンより、Windows2000/Xpを推奨します。
ABCW330A.ZIP
(3.6MB)
リンク解除
Ver3.30A
Ver3.20B Ver2.50 2005.08.18 BF3000本体とパソコン間通信のリトライ処理を強化する。
(ノイズ対策)

ABCW320B.ZIP
(2.9MB)
リンク解除
Ver3.20B
Ver3.20A Ver2.50 2004.05.06 シンボル窓より各操作窓にシンボル指定ができるように機能追加
メモリセット操作一部変更
USB-RS変換器使用時の送受信スピードUP
Ver3.10A Ver2.50 2003.11.15 社名変更(Aitex->A-one)
・インストールフォルダもこれに伴い (aitex->aone)に変更します。
環境を継続させたい場合は、
「ABCWIN.ENV」を新フォルダ「aone」に
コピーしてお使い下さい。
Ver3.00 Ver2.40 2003.02.15 評価変更窓の追加
インスペクトの追加
ポインタ、配列、キャスト演算子のサポート
ハードブレーク履歴機能の仕様変更
ホイールマウスの対応
Ver2.50 Ver2.40 2002.07.17 ウォッチ周期サンプリングの追加
コンポBOXデータのファイル化
ハードブレーク履歴機能の追加
Ver2.40 Ver2.40 2002.05.11 KC8012のFROM対応
I/Oのシンボル化
Ver2.30 Ver2.31 2001.11.17 ファンクションKEY入力への対応
Ver2.20 Ver2.31 2001.01.24 コンボBOXへの対応
環境設定の整備
Ver2.10 Ver2.30 2000.10.13 FROM書込み時のユーザ使用RAM番地を指定できるようにする。
HEXファイルダウンロードの不具合修正
Ver2.00 Ver2.20 2000.07.25 Windows版に対応する。その他機能UP
【ABCwinバージョンアップ時の手順
 1. 旧バージョンのアンインストールの実行

 2.ダウンロードしたファイルは解凍ソフトを使用して、適当なフォルダに解凍
 3.解凍されたSetup.exeの実行
 4.バージョンアップした場合、コントローラ本体(BF3000)も指定バージョンにバージョンアップして下さい。

【注意事項】
 ・最新バージョンをインストールする場合、「
パスワード」の取得が必要です。
【コントローラ本体(BF3000)バージョンアップの手順
 1.解凍されたファイル「
ABFA.HEX」を適当なROMライタで作成し、BF3000にセットする。
 2.BF3000用ROMの作成には256タイプ100nsec以下のEPROMを使用してください。

備考
 1.ABFA.HEX」は、インストールしたフォルダに入っています。(デフォルトフォルダは"C:\Program Files\Aone\ABCwin"です。)

【注意事項】
 1.ABCWinバージョンとBF3000用のROMバージョンの組み合わせを合わせる必要があります。
   組み合わせが違う場合、正しい動作をしませんので注意してください。
   例) Ver3.20Bの場合、ABCwin(Ver3.20B) BF3000(Ver2.50)になります。
リソース不足の場合には、Windows2000/xpの使用をお勧めします。
・Windows98SEが安定動作すると思われる最大メモリ(384MB)搭載させ、かつ、リソースを60%以上空ける必要があります。
・Windows98SEのシステムフォントサイズを「小さい」に設定してお使い下さい。

H-デバッガAH7000のページ H-デバッガAH6000のページ バグファインダーBF3000のページ ミドルウェアとユーティリティのご紹介 川崎マイクロのKC80のサポートページ 資料請求・技術情報のお問い合わせ 関係会社へのリンク トップページ