KL5C80A12 | KL5C80A16


KL5C80A12用サンプルプログラム

■MMUの設定
ROM 32KB/RAM 32KB に設定する。(アセンブラ) mmu12_01.lzh
ROM 32KB/内臓RAM 512Byteに設定する(アセンブラ) mmu12_02.lzh
ROM 32KB/内臓RAM 512Byteに設定する(LSI C-80) mmu12_03.lzh

■パラレルポートを使う
リセット時にパラレルポートA・Bは、全て入力となっていますので、出力として使用するには、方向制御レジスタの設定が必要です。

パラレルポートBのポート0を出力に、ポート2を入力にする。 pio12_01.lzh

■タイマ/カウンタを使う
タイマ/カウンタB Ch0のPWMモードを使用してパルスを出力する。 tmr12_01.lzh
タイマ/カウンタB Ch2を使用して10msecの割込みタイマーを作成する。 tmr12_02.lzh

■USARTを使う

割込みを使用しないで1Byteづつ送受信する。 sio12_01.lzh
割込みを使用して送受信する。 sio12_02.lzh

このページに関するメールでの問い合わせには、出来る限りお答えしたいと思っています。
このページのサンプルは、川崎マイクロエレクトロニクス指定のLSI C-80でコンパイルして、bug finder BF3000を使用して動作確認しています。
このページのサンプルは、LSI C-80(Windowsパック)とLSI C-80 for BF3000のどちらでも使用することが出来ます。
掲載のプログラムは、あくまでもサンプルですので、プログラムの使用または使用不能から生ずる損害に関しまして、一切の責任・修正義務は負わないものといたします。
H-デバッガAH7000のページ H-デバッガAH6000のページ バグファインダーBF3000のページ ミドルウェアとユーティリティのご紹介 川崎マイクロのKC80のサポートページ 資料請求・技術情報のお問い合わせ 関係会社へのリンク トップページ