RXシリーズ 使用ピンおよび制限一覧表
CPU名称
AH8000信号名
RX210
RX230
RX231
RX23T
RX621
RX62N
RX62T
RX62G
RX631
RX63N
RX63T
RX64M
     
[1]TCK - - TCK TCK      
[3]TRST - - TRST TRST      
[4]EMLE - - EMLE EMLE        
[5]TDO - - TDO TDO        
[7]MD MD/FINED MD/FINED - -        
[9]TMS -  -  TMS  TMS       
[10]UB  -  -  -  -       
[11]TDI -  -  TDI  TDI       
[13]RESET RES RES RES RES        
接続図例 接続例31 接続例32 接続例30 接続例30-1        
デバッガI/F FINE FINE JTAG JTAG        
ファーム(モニタ)エリア 別空間 別空間 別空間 別空間      
スタック方式【使用スタック】
スタック方式【静的使用】
  
なし なし なし なし              
固定番地【使用スタック】
固定番地【静的使用】
     
占有割込みベクタ なし なし なし なし      
ファーム以外使用ROMエリア (long)OFS1
0xFFFFFF88
上位8bit
[b31->b24]
(long)OFS1
0xFFFFFF88
上位8bit
[b31->b24]
なし なし      
デバッガから例外処理通知  不可 不可 不可 不可      
リセットベクタ値 0x100以上 0x100以上 0x100以上 0x100以上      
リセット時ソフトタイマ 不要 不要 不要 不要      
割込モード設定条件 なし なし なし なし      
PBCのプライオリティ指定 なし なし なし なし      
ユーザのプライオリティ指定 なし なし なし なし      
トレース実行 Soft判定 Soft判定 Soft判定 Soft判定      
ステップ実行 Soft判定 Soft判定 Soft判定 Soft判定      
Cトレース実行 Soft判定 Soft判定 Soft判定 Soft判定      
Cステップ実行 Soft判定 Soft判定 Soft判定 Soft判定      
ブレーク方式 Frtch Frtch Frtch Frtch      
ハードブレークポイント数 4 4 8 8      
データブレーク機能 あり(1) あり(1) あり(4) あり(4)      
ブレークシーケンス機能 あり あり あり あり      
ブレーク回数指定 なし なし あり(1) あり(1)      
分岐トレース機能 64点 64点 512点 512点      
バストレース機能 64点 64点 256点 256点       
オンザフライの処理方式 直接メモリ 直接メモリ 直接メモリ 直接メモリ       
実行時間の計測  可能 可能 可能 可能      
ハードブレークトリガ出力機能 なし なし なし なし      
ソフトブレーク(RAM)機能 8点 8点 8点 8点      
ソースブレーク通過設定数      
ソースブレーク時のRAM使用      
PUTCH使用 不可 不可 不可 不可      
内蔵RAM設定条件 有効 有効 有効 有効      
FPU(浮動小数点) なし なし あり あり      
NMIエッジ設定条件 不要 不要 不要 不要      
WatchDog使用(debug時) 可能 可能 可能 可能      
NMIユーザ使用(debug時) 可能 可能 可能 可能      
PLL回路周波数逓倍指定
(debug時)
     
RESET信号 使用 使用 使用 使用      
シミレーション機能 不可 不可 不可 不可      
CPU名称 RX210
RX230
RX231
RX23T
RX621
RX62N
RX62T
RX62G
RX631
RX63N
RX63T
RX64M
     
オンザフライ方式の「直接メモリ」とは、メモリのアクセスに限りブレークせず情報を取得する方式です。
オンザフライ方式の「割込可能」とは、デバッグ環境の設定により通信割込みを使用する方式です。
オンザフライ方式の「停止後実行」とは、強制ブレークにより情報を取得後実行させる方式です。